家を建てるタイミングと転職の時期住宅ローンを組んだのは、5年ほど前になります。

当時は実家に親と同居しており、手狭になったってきたことから家の新築を希望していました。

しかし、タイミングが悪く転職したばかりで銀行からは、ローンを組むことは難しいと断られた為、諦めていたのです。

しかし、住宅を専門に扱うモーゲージで3年分の年収を証明する書類がそろえばローンが組めるという話を聞き、工務店に見積もりを作成してもらってローンの審査を受けました。

ダメでもともとだ!という気持ちでいましたが、めでたくローンの審査を通過することができたのです。仮審査が通った時の感動は、今でも忘れることができません。その後に本審査へ申し込み、無事融資を受けることができました。

金利がここ数年は低めで安定しているので、住宅の新築を考えている方は多いと思いますが、ローンは信用が大事なので転職を考えている方は、時期を熟慮した方が良いかもしれません。

家を建てたいと思ってから少なくとも3年の期間が必要だということは、自分が実際に家を建ててみて初めて知りましたから。

繰り上げ返済をしたおかげで何とか生活できでます今から10年前に、念願だった新築一戸建て住宅を購入しました。土地家合わせて3千万円の物件。

頭金は600万円を用意し、2400万円の住宅ローンを銀行で組み、返済年数は30年です。

ボーナス併用の支払いで毎月の返済額は約8万円、ボーナスでは18万円を夏冬2回支払いの予定でした。

最初の5年間はその金額のペース順調に返していましたが、6年目から少し返済金額が上がり家計を圧迫するようになっていきました。

そこで貯金をして、早めに繰り上げ返済をしようと考えたのです。繰り上げ返済をすると無駄な利息が減りますし、総合的にお得なんです。手数料はかかるので、ある程度の貯金が必要となります。

夫婦で正社員で働いていましたので、なんとか日々節約をして2回の繰り上げ返済を行い、月々の返済とボーナスの金額がかなり削減できました。

その後は私が病気でパートとなり収入が激減してしまいましたが、この繰り上げ返済を行ったことでなんとか生活できています。

長い住宅ローンですので、なるべく早く返済したいと思っています。

住宅ローンを組む際に初めて知ったこと住宅ローンを借りる際に、驚いたことが2つあります。

まず1つ目ですが、過去に携帯電話の未払いがあったり、カードローンを組んでいた経験があったりする』と住宅ローンの審査に通らないことがあるということです。

幸いにも、どちらも当てはまらなかったので良かったのですが、そこまで厳しいとは思っていなかったので正直驚きました。

地方銀行でそうなので、ネット銀行などはもっと色々厳しい面があるかと思います。

2つ目は、『銀行はむやみにたくさん借りてくれる人を喜ぶわけではない』ということです。

分かりにくいと思いますので具体的に私の例を挙げると、家を建てる際に様々な住設を安く済ませるなど工夫して、当初の借り入れ予定金額より低く抑えたました。

そうしたら、最終の金利交渉の際に健全性が認められて、金利を安くしてもらえたのです。

思わず「たくさん貸した方が利息が取れてプラスなんじゃないですか?」と、聞いてしまったぐらいの衝撃でした。信用って大切なんですね。

忘れていませんか?住宅購入後の運転資金のこと住宅ローンで悩んでいる友人の相談を受けています。

最初に全てをローンで通そうとしたことから、問題は発生しました。頭金 ・諸経費の用意もなく、住宅ローンを組んだこと。

それは友人の年収が平均よりも上だったのと、まだ若かったこと(30代前半)で出来てしまったことではありますが、今となっては無知だったと反省しきりです。

まず、外壁の塗り替えや修理などいわゆるメンテナンス代は、まったく考慮していなかったということでした。

住宅ローンを組んだ当時は、子供が一番お金がかからない時期で小学生だったのだけれど、だんだん成長するにしたがって教育費というものがのしかかってきます。

通常であればそういうことも想定しているはずなのですが、友人の妻はその辺りは一切考えておらず、運転資金というものの計算がスッポリ抜け落ちていたとのこと。

更に節約や繰上げ返済など、そういう観念もゼロなのだそうです。 幸せになるためにマイホーム購入が、お金のことで関係が悪化してしまうなんて悲劇です。

住宅ローンを組むのは簡単でも、その後は長いですので『動かせる現金はある程度貯蓄しておく』最低限、それは必要なことだと思います。

若いうちに組んで繰り上げ返済を我が家ではこれまでに、3回の住宅ローンを組みました。

今から3~4年前に、これが人生最後となる住宅ローンを組んだ時の話です。しかし、これは遅過ぎたようでした。

このローンを組んだ時、主人は50歳でどこの銀行でも30年ローンでは組めず、27年でのローンとなってしまったのでした。

その上、もっと大きな問題が出て来てしまったのです。それは、それまで住んでいた家が、なかなか売れなかったのでした。

結局、不動産会社が買取る価格より、70万円ほど高い価格で買ってくれた会社があったのですが、そのため新しい家のローンに前の家の残債分、500万円以上が上乗せになったのでした。

退職金で全額は返せませんし、主人は公務員なので60歳で定年、65歳まで雇う税金は無いと言われていますから、60歳を超えたらどうやって毎月の払いをして行けば良いのでしょう...。

やはり住宅ローンは頭金をある程度用意した上で40代初めまでに組み、出来るだけ繰り上げ返済をして、退職金で残りを払い終えるというのが理想でしょう。

今は中古の家はなかなか売れないので、買い換えを考えるなら特に「繰り上げ返済」が大事だと思います。

住宅ローンを組むときは確認を忘れずに今から4年ほど前に住宅を新築するにあたり、住宅ローンを組む為の審査を受けました。

無事審査を通過しましたので、本申し込みを工務店がする予定だったのですが、驚くことに工務店が申し込みを忘れていたのです。

銀行に工務店の営業と一緒に契約しに行くはずだったのですが、予定について何の連絡もなかった為、おかしいと思って工務店に問い合わせたところ、銀行に申し込むのを忘れていたという返答。

怒りよりも驚きしかなく...というのも、住宅ローンは月初に金利が発表されるので、その金利で融資を受けたければ、その月の末までに決済しないと翌月の金利が適用されることになってしまうのです。

当時は、最低金利と言われていましたので、一刻も早く融資を受けたかったのですが、工務店の手違いで申し込まれていなかったのには本当に驚きました。

結局、工務店が銀行に無理を言って、なんとか月末の処理にしてもらうことができました。

ただでさえ工期が延びてしまい、そのせいで金利がかなり上昇してしまった上に、営業の方のミスでは怒りも抑えられません。今でも忘れられない苦い思い出です。

早いうちに繰り上げ返済をすることをお勧めします我が家はでは、住宅ローンを2回組んでいます。

初めてのローンでは、ネットで繰り上げ返済をするような仕組みが無かったので、銀行へ行って手続きをしました。

ですが担当との話がこじれて、なかなか繰り上げ返済をさせてくれませんでした。

銀行員をご主人に持つ友人から、繰り上げ返済をさせないというようなことは出来ないというアドバイスを得たので、60万円を何とか頑張って繰り上げて返済したのです。

その後、2回目の住宅ローンではこのことが頭にあり、繰り上げ返済をしないまま15年程経ってしまいました。それで、いざその家を売って新しい家を建てようとした時、ローンの残債がネックになってしまったのです。

今、中古の家は相当値が下がっています。その為、結局売れた値段はローンの残債を下回り、残った残債は当然新しい家のローンに何百万円も上乗せしなければならなくなりました。

家を買ったばかりの時はお金もありませんし無理をする必要もありませんが、借り初め程利息が高いので、早い時期に繰り上げ返済をした方が得です。

今はネットで大体10万円くらいから返済が出来ますから、ちょっとお金が貯まったら後のことを考えて、出来るだけ繰り上げ返済をしていきましょう。

もっとよく調べれば良かった!今から7年前に35年で、住宅ローンを組みました。

主人が住宅ローンを組んだのですが、勤めていた会社が小さな会社だったので、大手企業で働く私が連帯保証人になってローンを組んだのです。

金額は、約3800万円でした。当時はあまり深く考えずにローンを組みましたが、友人や会社の先輩の話を聞くとちょっと失敗したかもと感じたことがあります。

会社の先輩は、夫婦共同名義でローンを組んだというのです。その方が、年末調整でそれぞれ税金が返ってくるからと。

ですから我が家も、そうした方がお得だったんじゃないかとちょっと後悔しています。

しかも、最初は5年間の固定金利というプランでローンを組んだのですが、これも失敗ですね。金利なんて全然上がらないし、最初から変動にしておけば良かったと思っています。

固定と変動で我が家の場合は1%も金利が違うので、5年間支払った金利はかなりもったいなかったです。5年経って変動金利に切り替えたら、月額で1万円ほど支払額が下がりましたから。

住宅ローンを組めるかどうかに気持ちがいきがちで、どうやったらお得かということを全然考えていませんでした。当然ですが、銀行側からこちらがお得になるような説明って無いですものね

今更遅いですが、もっと調べてから住宅ローンを組めば良かったと後悔ばかりです。

実際に住宅ローンを組んで分かった事今住んでいる家を購入する際に、住宅ローンを組みました。もちろん15年経った今でも返済中です。

実は我が家はローンが不安といいますか、なるべく使わないという主義で今まできましたが、家ばかりはそうもいきませんので住宅ローンを利用しました。

間違いなく私達にとって、人生で一番大きな借金です。借り入れる時はとても緊張しました。

無事に完済するまでの道のりは長いですから、不安もあります。でも払い終わるまで頑張るぞ!という気持ちにもなりました。数回の繰り上げ返済、そして借り換えと、ここまでは順調にきたかなという気持ちでいますが、まだまだ住宅ローンの返済は続きますので気持ちを引き締めて頑張りたいです。

これから住宅の購入を考えている方には、無理のないローンを組むことをお勧めします。本当に当たり前のことなのですが、これはとても大切なことです。自己資金がゼロでもマイホームが買えますしが、でも長い人生のうちには色々なことが起こります。

我が家に限っていえば、思いがけず私が退職せざるを得なくなりこの先、主人一人の収入で住宅ローンを支払うことになりました。

また一戸建ては特にかもしれませんが、暮らしていくうちにローンとは別に家にかかるお金が案外あるものです。外構や庭にしてもそうですし、水回り等も傷みます。また屋根や外壁の再塗装など、入居時にはあまり意識しないお金もその都度、必要になるのです。

そういった時に慌てないためにも、ある程度の蓄えを残して余裕のある住宅ローンの借り入れが大切です。