マイホームを建築しようと決めてから家族でマイホームを建築しようと思い始めたのは、このままアパート住まいを続けて行く事に不安を感じたからでした。

確かに賃貸住宅の方が身軽な事もありますが、一生家賃を払い続ける事の方が金銭的にはキツイ気がしたのです。

新築住宅を建てたいと思っても、土地も全く持っていなかったので土地探しから始めました。

実はその頃から規制緩和が進んでいたこともあり、それまで住んでいたアパートの周辺の市街化調整の土地でも、条件を満たせば建築する事ができたのです。

色々と探した結果、広い・街からも近い・家を建てる条件に該当するの3つが重なり合い、丁度良い土地が手に入りました。

次に重要な借入先ですが、都市銀行ではローンを組めなかった為、JAバンクで住宅ローンの申請をしたのです。

土地手続きが普通の物件と比べてとても難しかったことから、住宅ローンを申請してからローンの許可が出るまでにかなりの時間がかかってしまいました。

しかし、トラブルも全くなかったですし、実際にローンの審査にもきちんと通ったので、本当に良かったと思っています。