住宅ローンを組むときは確認を忘れずに今から4年ほど前に住宅を新築するにあたり、住宅ローンを組む為の審査を受けました。

無事審査を通過しましたので、本申し込みを工務店がする予定だったのですが、驚くことに工務店が申し込みを忘れていたのです。

銀行に工務店の営業と一緒に契約しに行くはずだったのですが、予定について何の連絡もなかった為、おかしいと思って工務店に問い合わせたところ、銀行に申し込むのを忘れていたという返答。

怒りよりも驚きしかなく...というのも、住宅ローンは月初に金利が発表されるので、その金利で融資を受けたければ、その月の末までに決済しないと翌月の金利が適用されることになってしまうのです。

当時は、最低金利と言われていましたので、一刻も早く融資を受けたかったのですが、工務店の手違いで申し込まれていなかったのには本当に驚きました。

結局、工務店が銀行に無理を言って、なんとか月末の処理にしてもらうことができました。

ただでさえ工期が延びてしまい、そのせいで金利がかなり上昇してしまった上に、営業の方のミスでは怒りも抑えられません。今でも忘れられない苦い思い出です。