若いうちに組んで繰り上げ返済を我が家ではこれまでに、3回の住宅ローンを組みました。

今から3~4年前に、これが人生最後となる住宅ローンを組んだ時の話です。しかし、これは遅過ぎたようでした。

このローンを組んだ時、主人は50歳でどこの銀行でも30年ローンでは組めず、27年でのローンとなってしまったのでした。

その上、もっと大きな問題が出て来てしまったのです。それは、それまで住んでいた家が、なかなか売れなかったのでした。

結局、不動産会社が買取る価格より、70万円ほど高い価格で買ってくれた会社があったのですが、そのため新しい家のローンに前の家の残債分、500万円以上が上乗せになったのでした。

退職金で全額は返せませんし、主人は公務員なので60歳で定年、65歳まで雇う税金は無いと言われていますから、60歳を超えたらどうやって毎月の払いをして行けば良いのでしょう...。

やはり住宅ローンは頭金をある程度用意した上で40代初めまでに組み、出来るだけ繰り上げ返済をして、退職金で残りを払い終えるというのが理想でしょう。

今は中古の家はなかなか売れないので、買い換えを考えるなら特に「繰り上げ返済」が大事だと思います。