住宅ローンを組む際に初めて知って驚いたこと

住宅ローンを組む際に初めて知ったこと住宅ローンを借りる際に、驚いたことが2つあります。

まず1つ目ですが、過去に携帯電話の未払いがあったり、カードローンを組んでいた経験があったりする』と住宅ローンの審査に通らないことがあるということです。

幸いにも、どちらも当てはまらなかったので良かったのですが、そこまで厳しいとは思っていなかったので正直驚きました。

地方銀行でそうなので、ネット銀行などはもっと色々厳しい面があるかと思います。

2つ目は、『銀行はむやみにたくさん借りてくれる人を喜ぶわけではない』ということです。

分かりにくいと思いますので具体的に私の例を挙げると、家を建てる際に様々な住設を安く済ませるなど工夫して、当初の借り入れ予定金額より低く抑えたました。

そうしたら、最終の金利交渉の際に健全性が認められて、金利を安くしてもらえたのです。

思わず「たくさん貸した方が利息が取れてプラスなんじゃないですか?」と、聞いてしまったぐらいの衝撃でした。信用って大切なんですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す